TOP > コラム > シェアハウスの東京でのメリット

シェアハウスの東京でのメリット

海外では、家賃などが高いところでシェアハウスを利用しながら友達同士で生活をする姿が映画などでも普通に見られます。
しかし、日本の場合には日本人の特性からか、なかなかシェアハウスで何人もと暮らす姿は一般的ではありませんが、メリットが大きいので利用する価値はあります。とくに地価の高い、家賃の高い東京などの都市圏では収入の多くを家賃に持っていかれるので、それならば住宅をシェアして住居費を浮かすという方法も、できるならばすべきです。
そして、経済的なゆとりができれば、1人で住むとか結婚をして住むとかで住まいを替えればよいだけです。
注意点としては人間関係ですが、気心が知れていれば、会社の寮に住むような感じで住めますので便利です。
何を優先するかですが、シェアが可能な人の場合には積極的に見つけるのも方法のひとつです。


シェアハウスなら東京でも暮らせます

進学や就職などで東京へ上京しなければならない人や、夢や都会暮らしへの憧れで東京で生活を始めたい人など、春は様々な希望を胸に、都会で暮らし始める人も多いでしょう。
けれどやっぱり、日本の中では一番物価も高く、当然家賃も高く、生活が安定するまでは、それなりに大変な事も多いかも知れません。
そんな方々を応援する暮らし方こそが、シェアハウスです。シェアハウスでの生活なら、都内の山の手であっても、共同生活で家賃も安いし、家具なども備え付けてあるし、敷金礼金などの前金もかからない所もあります。
共有ルームなどで色々な人が集ったりしますから、寂しいと言う気持ちにもあまりなりません。全く知り合いがいなくて、一人で暮らすのが不安な人なども、ワイワイ楽しいシェアハウスでの暮らしはお勧めかも知れません。
コンセルジュの様な方がいて、共有部の掃除などを行ってくれるところもあります。


シェアハウスと東京在住の外国人に関して

日本語を筆頭とする日本の文化は、世界の中でも価値が高まっているようです。
そのため、世界の若者が日本への留学を希望して来日をしています。やはり中心になるのは東京ですが、ネックになるのは物価の高さではないでしょうか。
アパートやマンションの賃貸料金が高く、生活を圧迫するケースが珍しくありません。
そこで重宝されているのが、シェアハウスではないでしょうか。同じ夢を持っている若者同士でお金を出し合って、シェアハウスで生活をするケースが急増しています。
経済的なメリットはもちろんですが、異国の若者と暮らすことで得られることは多いと好評です。
料理や掃除を当番制にすることで、日本での勉強に集中することが出来ているようです。東京にはシェアハウスを斡旋してくれる不動産会社が多いですし、英語に堪能なスタッフが常駐しています。細かな要望にも応えてくれますし、頼もしい味方のようです。

次の記事へ